不妊治療

二人目不妊をもっと知ってもらいたい

不妊治療を始めると色々な意味で本当に追い込まれます。私は一人目の不妊治療を受けました。だからその時に二人目不妊で治療を受けていた人を、一人授かっているのだから、その悩みは私に比べたら微々たるものじゃない?と勝手に思っていました。
でも私も実際に二人目の不妊でも大阪の病院に治療に通うようになり、以前そのように思ったことを本当に後悔しました。二人目不妊には二人目ならではの悩み、辛さがあったのです。周りからは、一人授かったのだから二人目だって授かるの当然でしょ?なぜ二人目を生まないの?という目で見られます。さらに大阪の病院で治療をしながら子育てをするわけです。そんな中であなた一人しか子供いないのだからと言って幼稚園や小学校の役員をバンバン任されます。結果役員をやって楽しかったし、いい経験が出来たのでそのこと自体は恨んでいません。
でも物は言い様ですよね。面と向かって「一人っ子の親なんて親として半人前だよね。」と言われた時には本当にグサッときましたね。好きで一人っ子にしているわけじゃないって。さらに子供にも兄弟を作ってあげれないことを本当に申し訳なく思ってしまうし。だから世間にも二人目不妊というものが存在することをもっと知ってもらいたいですね。